パンフレット印刷でカラフル発色|デザインPLANニング

カラー見本

お得に利用する

パンフレット印刷は、注文する枚数が多いほどお得な料金で利用ができるようになっています。また、発送の期限に余裕を持たせておくのも料金を安くするためのヒントであると言えます。

もっと詳しく

ネットから注文できる

パンフレット印刷はインターネットからの注文も可能になっています。お店に行かずにパソコン上で申し込みを済ませられるという手軽さから、便利であると評判を集めるようになっています。

もっと詳しく

まとめて印刷

パンフレット印刷は多くの枚数の注文にも対応しています。そのため、多くの人に配布したいものを用意したいという場合に、役立つサービスとなっています。質が良い所を選ぶことが大切です。

もっと詳しく

相談を進める

格安なのに高品質なパンフレット印刷を行っている会社がこちらサイトで紹介されています!気になるかたはアクセスしてみましょう。

営業で取引会社に印象を与える為にも名刺のデザインにはこだわっておきましょう。こちらならネットから簡単に注文できますよ。

パンフレット印刷する際の注意点

パンフレット印刷するにはまず、企画から進めないといけません。なぜなら、パンフレットに入れる内容量により形状やページ数が変わるからです。デザイン制作会社のクリエイティブディレクターやアートディレクターが紙面構成やデザイン(見せ方)、コピー表現などを企画して行きます。それを企画書に落とし込みクライアントに提出し、修正や再提出などして完成させてからパンフレット印刷となります。注意する点はやはり、印刷前段階でいかに綿密に構成出来るかということです。企画段階で何ページにするか、中とじか三つ折、観音折り、など印刷加工だけでもさまざまな種類があるのでデザインとマッチさせないといけません。クリエイティブディレクターの手腕が仕上がりの善し悪しを決めると言っても過言ではありません。

工夫すると得られるメリット

パンフレット印刷の製作コストを下げる工夫や方法があります。その方法は企画・構成の段階から検討して行かないといけません。クリエイティブディレクター、アートディレクターが出来るだけ販促効果を下げないような紙面構成をすることを前提に。例えば、8ページのパンフレットを中とじ製本する仕様と観音折りにした8ページのパンフレット印刷では費用が異なります。またはサイズ変更、小さくても販促効果を失わないのであればそれも印刷コストの軽減となります。考え方として印刷仕上がりサイズや加工を決めておいて内容の構成やデザインして提案する進め方もございます。経費削減はクライアントの要望でもありますので工夫次第でコストダウンする方法があるということです。